家を売るならいつ?高く売れる時期はある?

不動産業界にいると、「家を売るならいつ?」と聞かれる機会が多々あります。特に周りでは、地価が高騰したエリアにマンションを購入した人が数名いて、マンションのポストに「このマンションの購入希望者がいます」などのチラシが入るため、高くなっている事も知っているようで、今後高くなるのか?下がるのか?など気になるようです。

売却の方法次第では購入時よりも家を高く売る事ができる為、今売り時なのか?売るならいつがいいのか?迷う気持ちもわかります。

家を売るなら「いつ」がいいのか?

上記のように、地価が上がったりなどして、マンション価格が高くなっている場合は、今後の状況や、これから新たにマンションが建設されるのか?新築の価格設定?等によって高く売れたりする事がありますが、通常、地価が上昇して高く売れるエリアはそうそうありません。数年前に比べれば高く売れたりするエリアはありますが、バブル期のように急激な上昇はありえません。

では、いつ売ってもいいのか?と疑問がでてきますが、業者の間では、1月~3月、9月~11月などが多いと言われていて、実際に探している方、売却する方が多いのも事実ですが、他の時期は動きが無いというわけではありませんし、探している方が少ない訳でもありません。

そのため、いつがいい?というのはあまり関係なく、どのようにして買主を見つけるかが重要になってきます。

家の売却は、売り出した物件に対して買主に気に入って貰わないと、購入してもらえません。いくら売りやすい時期であっても、買主と巡り合わなければ売れないんです。

いかにして自分の家を欲しいと思うターゲット層に物件の存在を知らせて、売却に繋げるかが重要になって来る訳です。

確かに、1月~3月、9月~11月など、年末、年度末はその期間までに新居を購入して新しい気持ちで、1月、4月など新生活を迎えたいと考えるので、購入したい層が増えます。

しかし、同時に、この時期に売却したいと考える売主も増えるので、ライバルとなる物件が多くなる時期でもあります。

1月~3月、9月~11月は比較的売りやすい時期!しかし、他の時期が売れない訳ではない!

エリアによっては売りやすい時期がある!

上述したように、通常の売却ではそれほど、いつ売るかを考える必要はありませんが、特色のあるエリアでは売りやすい時期があったりもします。例えば、湘南などのエリアは当然、夏の海をメリットとして考えますので、海開きの2ヶ月前などが売却しやすい時期であったりします。その他にも北海道など雪が降るエリアと沖縄などのように海など魅力があるエリアとでは売りやすい時期が異なる可能性があります。そのため、気になる場合は、不動産会社に相談して聞いてみるのも手ですね。売却を依頼するわけでなくても、相談にのってくれるはずです。

家を高く売るのに適した時期はある?

上述したように、いつ売るかについては、それほど考える必要がないと言ったように、高く売るのに適した時期はありません。

ただし、上記で言ったように、地価が高騰しているエリアでの売却であったり、外国人投資家が狙っているエリアなどでは高く売れる可能性がありますので、売却時期を間違えないようにした方が良いかもしれません。

特に今であれば、オリンピック前や消費税増税の前など、狙いどころではあるので、迷っている方は、不動産会社に相談してみてください。

地価が上昇したなどの要因を除いては家を高く売るのは本当に難しく、通常は相場あたりの金額での売却になります。これは、買主も相場を見て購入金額の設定をしているからです。そのため、相場よりも高く売りたいと考えるなら、近隣の同等の不動産と比較して優位性、有意性を示さないといけません。他と比較してそれほど違いがないなら、価格を高くしても売れません。しかし、他と差別化でき、買主に、その価格でも買いたいと価値を与えることが出来るなら、相場より高くても売れるでしょう。その違いをどのようにして作るかが、不動産会社の手腕です。

そのため、家を高く売るには不動産業者選びの際に相場よりも高く売った経験や戦略を営業担当に確認して、どのようにして売却に至ったのかを詳しく聞いておく事をオススメします。